MENU

美容液のような豊富な美肌成分を配合した化粧水

ブルークレールの「ローズエステリッチローション」と名付けられている化粧水はその名の通り、バラの花から取れるローズ水をたっぷり配合した化粧水です。ローズ水だけでもさまざまな美肌効果があるのですが、その他にも健やかな肌作りやアンチエイジングにうれしい成分が配合されていて、製法にもブルークレールならではのこだわりが詰まっています。

 

「ローズエステリッチローション」の特徴

ローズ水の配合量を大幅アップ

長く愛用されてきた化粧水が、バージョンアップしてローズ水の配合量を大幅に増やしました。バラの聖地・ブルガリアでバラの谷と呼ばれるローズドリナの有機農場で栽培されたダマスクローズから、ローズ水を始め、花エキスと花油をていねいに抽出。3種類のローズ成分をたっぷり配合しています。

 

ローズには、ビタミンA,Cが豊富に含まれています。ビタミンA,Cは細胞の老化を防いでシワやたるみを予防する抗酸化作用や肌を引き締める働きがあり、肌のハリやうるおいを高める効果が期待できます。

 

さらに、ローズの香りには女性ホルモンや感情のバランスを整える効果があり、イライラや不安をやわらげて幸せな気持ちにしてくれます。

 

美容液のような美肌効果

肌細胞を老化させる原因の一つである糖化を防ぐローマカミツレ花エキス、肌にハリを与えるダブルペプチドなど、美容液と同じような贅沢な美肌成分がたっぷり使われた化粧水です。

 

これだけでも十分にうるおい、透明感、ハリを実感することができます。ただ、ブルークレールの美容液(リペアモイストWエッセンス)を併せて使った方が効果はアップします。より高い美肌効果を期待するなら美容液と化粧水の併用をおすすめします。

 

2種類の持続型ビタミンC誘導体を配合

ブルークレールの化粧水には、持続型ビタミンC誘導体が2種類配合されています。そのうち1つは「ビスグリセリルアスコルビン酸」といって、ビタミンCにグリセリンを付加したもの。皮膚内に吸収されてからグリセリンと分解されてからビタミンCとして働き始めます。

 

そしてもう一つは「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」、水溶性・脂溶性の両方の性質を持っているのが特徴です。浸透力に優れており、真皮まで浸透してビタミンCとして機能することがわかっています。

 

性質の違うビタミンC誘導体を配合することで肌の内側と外側から、抗酸化作用、引き締め、コラーゲン生成促進などのビタミンCが持つさまざまな美肌効果を実感しやすくなっています。

 

化粧水についてのまとめ

ローズエステリッチローションは、さらっとした軽い使い心地なのに美容液のような豊富な美肌成分が配合されている化粧水です。軽いテクスチャーでしっかりとうるおいやアンチエイジング効果を実感したい方は、ローズエステリッチローションを使ってみてはいかがでしょうか?

ブルークレール


さっそくブルークレールを購入する


ブルークレールの公式サイトはこちら